車番認証による入退場管理でコストダウン&セキュリティアップ!

車番認証による入退場管理でコストダウン&セキュリティアップ!

工場や物流センター等に入退場する車両のナンバープレートを最新の画像
認識技術を利用し、より効率的に入退場処理を行うシステムです。

入退場車両のチェック強化や、ゲート等を併用することで不正な侵入
車両を防止したり、効率的な入退場を行うことにも利用頂けます。

工場や物流センター等に入退場する車両のナンバープレートを最新の画像認識技術を利用し、より効率的に入退場処理を行うシステムです。

入退場車両のチェック強化や、ゲート等を併用することで不正な侵入車両を防止したり、効率的な入退場を行うことにも利用頂けます。

例えばこんな事でなやんでいませんか?

例えばこんな事でなやんでいませんか?

悩み

▼

悩み

悩み

そもそも車番認証って何?

高速で通過する車両を撮影した映像からナンバープレートを検出し、
これに含まれる文字および数字を文字データ化するものです。
セキュリティ用途のみならず、マーケティング、管理、調査にも活用
いただけます。

高速で通過する車両を撮影した映像からナンバープレートを検出し、これに含まれる文字および数字を文字データ化するものです。高速道路や幹線道に設置されている通過車両記録の為のNシステムをはじめ、旅行時間や渋滞情報提供の為のTシステム等が代表的です。セキュリティ用途のみならず、マーケティング、管理、調査にも活用いただけます。

ネットワークカメラによる車両映像取得、ナンバープレートのみの部分のみ検出、ナンバープレート情報を自動生成

テクニカル電子の車番認証を使った入退場管理システム

車両のナンバーをカメラで読取り認証する入退場管理システムで、予
め登録しておいた車番(ナンバー)以外の車両は、ゲート等で通行を
許可しないなどの運用で車両の入退場時のセキュリティアップと、人
件費等のダウンにつながります。
前方に車番(ナンバー)が付いている自動車であれば認証可能です。

車両のナンバーをカメラで読取り認証する入退場管理システムで、予め登録しておいた車番(ナンバー)以外の車両は、ゲート等で通行を許可しないなどの運用で車両の入退場時のセキュリティアップと、人件費等のダウンにつながります。前方に車番(ナンバー)が付いている自動車であれば認証可能です。

車両ナンバー一致 / 車両ナンバー不一致

車番認証を使った入退場管理システムの特徴 車番認証を使った入退場管理システムの特徴

  • 国内最高性能を誇る、車番認識エンジンを搭載
  • 運用シーンに合わせた各種オプション機能、柔軟な構成が可能
  • 車番認証に用いられる基本管理機能を網羅
  • 汎用カメラに対応
  • 夜間の認識も可能
  • リアルタイム映像、録画映像の認識も可能

車番認証を使った入退場管理システムのメリット 車番認証を使った入退場管理システムのメリット


セキュリティ強化 入退場する車両に対し、車両の通行実績を監視し、履歴を管理できます
自動認識結果と登録情報を照合し、未登録車両通行時に注意喚起できます
通過車両の情報と画像が記録データとして保存でき、履歴検索ができます
何らかの事件が発生した場合、状況確認および証拠画像確認ができます
カメラ設置により不正および事件の抑止に効果的です
業務サービス
向上・省力化
登録車両は入退場時に停車せずノンストップ通行ができます
入退場手続きの時間短縮により、混雑の緩和や近隣道路の渋滞解消が図れます
受付員、警備員の省力化および負担軽減が図れます
車両固有のナンバー管理のため、IDカード等による管理の煩わしさが解消されます
◆セキュリティ強化
入退場する車両に対し、車両の通行実績を監視し、履歴を管理できます
自動認識結果と登録情報を照合し、未登録車両通行時に注意喚起できます
通過車両の情報と画像が記録データとして保存でき、履歴検索ができます
何らかの事件が発生した場合、状況確認および証拠画像確認ができます
カメラ設置により不正および事件の抑止に効果的です
◆業務サービス向上・省力化 登録車両は入退場時に停車せずノンストップ通行ができます
入退場手続きの時間短縮により、混雑の緩和や近隣道路の渋滞解消が図れます
受付員、警備員の省力化および負担軽減が図れます
車両固有のナンバー管理のため、IDカード等による管理の煩わしさが解消されます

車番認証エンジン概要

高性能ナンバー認識エンジン(LPR) 高性能ナンバー認識エンジン(LPR)

  • 独自の画像認識アルゴリズムを用いた、
    業界最高位の認識精度を誇る高性能ナンバー認識エンジン(LPR)
  • カメラ映像から車両のナンバープレートを切り出し、
    その中のナンバー情報を瞬時に認識し、
    結果データの出力を行います。
  • LPRは、電力・交通公共機関、ガソリンスタンド、
    自動車ディーラー店、産廃・積載業者等の管理システムに
    2,000ライセンス以上の出荷実績があります。
ナンバー認識エンジン
認識対象
ナンバープレート
全国の四輪車両ナンバー(大型車・普通車・軽自動車)
認識対象外
ナンバープレート
点灯時の字光式プレート、アクリルカバー付きプレート、投手車両プレート(外交官車両・駐留米軍車両・仮ナンバー・自衛隊車両)、人の目で読めないプレート(変形/汚れなど)
認識範囲 陸運支局名・分類番号・仮名・一連番号
車両速度 ~40km程度(同時接続カメラ台数・2台の場合)
ナンバープレート認識率 97%以上(設置環境により認識制度は異なります。)
カメラ設置角度 水平角(±30°)/上下角(±20°)/回転角(±20°)以内(設置環境依存有り)
撮影視野 認識対象のナンバープレートの幅が画像上で最低100ピクセル。ナンバープレートの撮影角度を考慮し、120ピクセル以上を推奨。
ナンバー認識エンジン仕様
◆認識対象ナンバープレート 全国の四輪車両ナンバー(大型車・普通車・軽自動車)
◆認識対象外ナンバープレート 点灯時の字光式プレート、アクリルカバー付きプレート、投手車両プレート(外交官車両・駐留米軍車両・仮ナンバー・自衛隊車両)、人の目で読めないプレート(変形/汚れなど)
◆認識範囲 陸運支局名・分類番号・仮名・一連番号
◆車両速度 ~40km程度(同時接続カメラ台数・2台の場合)
◆ナンバープレート認識率 97%以上(設置環境により認識制度は異なります。)
◆カメラ設置角度 水平角(±30°)/上下角(±20°)/回転角(±20°)以内(設置環境依存有り)
◆撮影視野 認識対象のナンバープレートの幅が画像上で最低100ピクセル。ナンバープレートの撮影角度を考慮し、120ピクセル以上を推奨。

システム構成

システム構成

システム構成

Q&A

登録はどのようにしますか

任意の車番を入力し登録します。
デモ期間中、撮影した車番から登録することも可能です。

登録車はどのように入場できますか

登録車は、車番認証にて検知し、積層灯が青色に点灯するとゲートが自動開放し入出場できます。

未登録車はどのようにして入場できますか

未登録車は、仮登録することにより、制限時間内は車番認証にて入出場が可能です。

緊急車はどのようにして入場できますか

緊急車は、守衛の人的な開放操作により、入場できます。 未登録者の仮登録しない場合も含みます。

車番認証しない場合はどのようなケースがありますか。

ナンバープレートを隠している場合(雪、ゴミ等)、西日の直射日光が影響する場合がございます。

車番認証しない場合はどのうに対処しますか。

守衛の人的な開放操作により、入場できます。