ITシステム

栽培環境モニタリングシステム“ハッピィ・マインダー”(開発・販売元:株式会社四国総合研究所)

HaPPiMinder (Horticulture,automated Production Process intelligent Minder)

ハウス内環境の「見える化」を実現

システム基本構成

監視

●クラウド不要でプロバイダー料金 月額1,000円以下で利用可能
●配線レスによる簡易設置と簡単操作(測定したい箇所に置くだけ、移設も容易)
●リアルタイム監視や多機能なグラフ表示でハウス内環境の見える化
●遠隔監視や異常通報メール機能(*3G/LTE回線契約時)

特徴

簡単モニター

●タブレット端末・スマートフォン・パソコン等を利用して、Wi-Fiやインターネット経由*で、いつでも、どこでも ハウス内環境をモニタリングできます。
●簡単な操作で現在値や便利なグラフ表示(最高・最低・平均など)も行え、また蓄積データをダウンロードして詳細な分析も行えます。
●ハウス内温度の異常など異常検知の通報を電子メールで受信することも可能です。
 *遠隔監視や異常通報メールなどインターネット利用時は、3G/LTE回線の契約が必要です。

簡易施工

●データ収集ユニットとセンサユニットは無線通信方式のため通信ケーブルの設置工事が不要で、AC電源さえあれば簡単に設置ができます。
●データ収集ユニットとセンサユニット間及びセンサユニット間の無線通信距離は最大約100mです。離れたハウスでも複数のハウスでもAC電源さえあれば簡単に設置できます。
 *最大通信距離は、設置場所の環境や障害物などによって変わります。

拡張性

●1台のデータ収集ユニットに最大で16台のセンサユニットが無線で接続可能で、複数のハウスをモニターできます。

●1台のセンサユニットに以下の入力が可能です。
 @温湿度センサ1点*1
 A温度センサ16点*2
 BCO2センサー1点*1
 C日射センサ1点*1
 Dアナログセンサ入力2点(土壌水分センサ、ECセンサ、pHセンサなど接続可)
 Eデジタル接点入力2点(機器の運転信号、異常信号など接続可)
  *1:基本セット内
  *2:3点まで基本セット内

メリット

ハウス内の栽培環境をモニタリングしながら適正に管理することで、
 ○生育や収量の安定・向上
 ○病虫害の抑制
 ○品質の向上
 ○省エネ対策
などに役立てることができます。

お問い合わせはこちら

  • お電話でお問い合わせ
  • お電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • お問い合わせフォームへ