ハウス栽培を全面バックアップ

テクニカル電子は、常に時代の要求するものをタイムリーに且つフレキシブルに開発し、市場に供給し続ける事で成長して参りました。
現在、日本の農業は栽培作物の市場自由化や価格低下、地球温暖化による栽培環境の変化等、多くの要因が重なり先行き不透明な大変に厳しい環境下に有ります。元来、日本の農業分野においては、食料自給率向上と環境配慮が命題になっているにも関わらず、園芸ハウス加温において一般的に用いられている燃油焚ボイラーは、使用するA重油の価格上昇と燃焼時に排出されるCO2により、農業経営と自然環境に大きな影響を与えています。
テクニカル電子は、永年培ってきた技術やノウハウを生かして農業分野の改善に着目しており、施設園芸向け設備機器の開発や作物のブランド化、新たな流通の構築まで多岐に渡る取組みを始めています。園芸ハウス向けの農業用ヒートポンプ空調を始めとする先進的省エネルギー設備の導入促進やIT化による作業効率化の推進、作物のブランド化による6次産業化の支援等々、テクニカル電子は農業分野の発展を重要なテーマとして捉えています。

お問い合わせはこちら

  • お電話でお問い合わせ
  • お電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • お問い合わせフォームへ